読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花が好き!!

花・写真・本・映画・暮らし・ファッション・思ったことなど綴っています♪

映画:パヒューム ある人殺しの物語 美醜を強調した玄人好みの映画か・・・クライマックスにビックリ!!

パヒューム ある人殺しの物語(2006年公開)

 

 観た後で、

 

 「や~ん!!!!!!!!!!!」

 

 と、思ってしまった映画でした。。。

 

 「う~ん・・・・・」

 

 とも・・・・。

 

 契約しているケーブルテレビで繰り返し放送しているので、自分の好みではないと思いつつも、ついに観てしまいました・・・

 

  

 主人公は人間離れした鋭い嗅覚を持った男で、ものすごく距離がある所で発している香りや、香水などの成分や分量もわかってしまうほど。

 

 自分が求める究極の香り・パヒュームを創るために、数々の殺人を犯していき・・・

 

 そしてついに創りだしたその香りとは・・・

 

 というストーリーです。

 

 主人公はいわゆる香り・匂いフェチとも言えるでしょうか。。

 

 

 キャスティングは皆、この映画にピッタリの雰囲気で合っていたと思います。

 

 ダスティン・ホフマンが出ているとは知らず、驚きました。さすがの演技だったと思います。

 

 

 映像の色はなんでしょう、全体に赤黒いフィルターがかかった感じとでも表現したらよいでしょうか。

 

 そしてタイトルにも書いたように、美醜を強調したような印象を受けました。

 

 美しいと言えるものもあるのですが、思わず目を背けたくなるような、気持ち悪い、グロいシーンもありました。

 

 この世界を美しいと言い切れるのは、素人ではなく、ある種の目の肥えた(?)玄人かもしれません。。

 

 美を本当に見ることが出来る人って、醜い・汚い部分も本当に良く見えているんですよね・・。

 

 

 さて、クライマックスのシーンには、ぎょっとしてしまいました!!

 

 これを撮影している時の状況を考えたりすると、すごすぎる・・・。

 

 

 小説は読んでいませんが、多くの人に読まれていて、映画とはストーリーが異なる部分もあるようです。

 

  小説なら自分好みに情景を想像し、イメージを膨らませることもできるでしょうから、いつかは読んでもいいかもしれないと思っています。

 

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

 

 

 とりあえず、わたしはこの作品、全体的に苦手ででしたが・・・ 

 

 主人公の抱える苦悩や哀しさは、想像できるかなとは思います。

 

パフューム ある人殺しの物語 [Blu-ray]

 

 

 follow us in feedly