花が好き!!

花・写真・本・映画・暮らし・ファッション・思ったことなど綴っています♪

コデマリのフラワーアレンジ♪あなたにコデマリを語る資格がありますか?

あなたにコデマリを語る資格がありますか?

 

f:id:par321:20160423105755j:plain

 

 夫:「あなたにコデマリを語る資格がありますか?」

 

 私:「・・?」

 

 夫:「最近ブログでコデマリについて書いているようだけど」

 

 私: 「・・・」

 

 夫:「何年か前に、プチガーデンのコデマリさんを抜こうとしていたあなたに、コデマリを語る資格があるんですか?」

 

 私:「!!!!!」

 

  そうでした・・・・。すっかり忘れていました。。。

 

コデマリを抜こうとしていました・・・

 

f:id:par321:20160423110301j:plain

 

 「コデマリを抜いて違う花木に植え替えたい」

 

 数年前に、わが家のプチガーデンに、4月のほんのスポット的にしか咲いてもらえないコデマリを抜き、春の間中繰り返し咲いてくれる花木に植え替えようと、夫に相談していました。。。

 

 イギリスの有名なガーデナーさん(お名前を忘れてしまいました・・)が、「ガーデンのスキームに合わないと判断した植物は、それがまだ生きていても、思い切って植物を抜き、植え替えていくことが大切」というようなコメントをされていたのを本かブログ等で拝読し、「一度育て始めた植物は、ずっとそのまま育てよう」と思っていた私に魔がさした(!?)ときのことでした。

 

 「コデマリさんを抜くの? 信じられない、生きているのに。しかも、大きくなってきてるし、オレが育てているのに・・」

 

 我が家のプチガーデンの水遣りは、夫が担当してくれています。水遣りのホースが無いので、バケツに水を汲んで運びジョーロで水遣りをするのを数回繰り返す、といった大変な作業です。体力の無い私には、とても継続出来ないことです。

 

 プチガーデンを維持出来ているのも、夫の協力が、というかイニシアチブがあってこそ。それでもだいたい毎年ゴールデンウイークに外出しがちな時にコデマリが開花のピークを迎えてしまい、一番良い時を観れなかったりするので、開花期間が長い花木に植え替えたくて、相談したのですが、断固として反対され、あきらめたのでした。。。

 

 夫が守ってくれたコデマリさん。

 

f:id:par321:20160423112338j:plain

 

 今年は例年より早めに咲いてくれたので、こうやってガーデンや玄関、リビングで飾るフラワーアレンジメントを作ることができ、私たちの目を楽しませてくれ、癒してくれました。(雨が降る前にコデマリをカットすることも、夫に相談して許可を得ました。)

 

 夫とコデマリさん、ごめんなさい。そしてありがとう!!

 

 これからもよろしくお願いします。 (^^)

 


にほんブログ村