読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花が好き!!

花・写真・本・映画・暮らし・ファッション・思ったことなど綴っています♪

映画:シン・ゴジラ 【ネタバレ】 野村萬斎さん、竹野内豊さんが良かったかな・・・

映画:シン・ゴジラ (2016年公開) 【ネタバレ】

 

 遅ればせながら映画館に観に行ってきました。

 

 結論としては・・・、自分の好みではなかったです。。

 

 眠気に襲われてしまって大変でした。。

 

 「エヴァンゲリオン」シリーズを手掛けてきた庵野秀明監督のファンの方は素晴らしいという感想をお持ちの方が多いようですね。

 

 わたしはエヴァンゲリオンゴジラの第一作も観ていない素人です。。

 

 子供の時に「ゴジラキングギドラ」の映像を観た記憶がうっすらとあるだけです。

 

 そんなわたしのシン・ゴジラの感想を正直に、今回はネタバレで綴っていきたいと思います。

   

 

【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

 

 

 まずゴジラが巨大不明生物として出現して陸の上を這いだし、その姿と顔を初めて観た時、「『崖の上のポニョ』が出てきた!」と思いました。なんだか離れた目の感じが、ポニョにしか見えなかったんですよ。。

 

 そしててっきりこの巨大生物・ポニョをゴジラが倒してくれるのかと思ったら、このポニョがあと2段階の進化を遂げてシン・ゴジラになってビックリ!!

 

 この間にも、首相官邸には大杉漣さん演じる内閣総理大臣始め、長谷川博己さん演じる内閣官房副長官、竹野内豊さん演じる内閣総理大臣補佐官ら大勢の関係者が集まり、この巨大不明生物にどう対応していくかの議論をしていくわけですが・・・これがリアルでおもしろいと言えばおもしろいのですが、政治的なことや法律的なことなどを理解するにはわたしの知識は追いつかず・・・そのやりとりも早いのでついていくのが大変でした。

 

 市川実日子さん演じる環境省~課長補佐のあたりのメンバーの、生物学的な分析や見解の議論も、わかる人には本当に楽しいのでしょうね。。残念ながらわたしはそのあたりも理解も難しく、会話のテンポなどのノリだけ楽しむ感じでした。

 

 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 

 

 人間ドラマの方で、唯一演技を落ち着いて見られたのは、声が低くて通る竹野内豊さんだけでした、自分には・・・。

 

 長谷川博己さんのマジメな役の演技も良かったですが、もっと彼らしいところを観たかったです。

 

 また、石原さとみさんはかわいらしくて好きな女優さんですが、米国大統領特使役のあの演技は、一部お笑いみたいに見えてしまったところがあり残念でした。英語が酷いというのは耳にしていましたが、それは酷くなく、わたしレベルが聞くととても上手だと思いました。

 

 小柄でモデル体型とは言えない身体にピッタリすぎるスーツと、ハイヒールのあの高さもとても不自然で・・・もし気の強さとか、お家柄とかを表す目的があるのだったら、ああいったピンヒールでなくもう少しヒールがしっかりしたもので品の良いものを選べなかったのかと思いました。

 

 石原さとみさんのこの役が必要だったら、例えば黒木メイサさんの方が合っていたのではと思います。

 

 

シン・ゴジラ音楽集

 

 

 第二形態のポニョから始まり、どうしても目が安っぽく見えてしまって、進化を重ねるたびに、「目の安っぽさはどうなった?!」と気になり目ばかり追ってしまいました。

 

 いわゆるゴジラの姿になった第四形態ではいくらかマシになりましたが、やはり安っぽさが気になってしまいましたね。

 

 最後の人の形の集まりのタワーか尻尾のようなシーンは、続編を予感させるものなのでしょうか。

 

 

【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker 麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付

 

 

 エンドロールの出演者の最後の名前に、野村萬斎さんを確認して、見逃してしまったと思ったら、シン・ゴジラだったんですね!!

 

 萬斎さんの動きをモーション・キャプチャーを使って撮影して、フルCGで作成したゴジラに反映させているとか。

 

 それがわかって、何か見たことがあるようなシン・ゴジラの動き・・・というところに納得しました。

 

 野村萬斎さんが一番良かった映画だったかな・・と思いました。。

 

 follow us in feedly