読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花が好き!!

花・写真・本・映画・暮らし・ファッション・思ったことなど綴っています♪

観た映画:永遠の0

映画

今週のお題「映画の夏」

 

映画:永遠の0(2013年公開)

 

 戦争ものは苦手なのですが(観ていて辛いのです・・)、公開当時に話題作だったこともあり映画館で観ました。

 

 太平洋戦争時の、零戦の特攻隊員の悲劇を描いた作品です。

 

 

 たくさんの方が「この映画を観て感動しました」とテレビで言っているのを観た記憶があるのですが、わたしは感動できませんでした。

 

 ・・・内容の薄い映画だと思いました。。

 

 読んでいないのですが、百田尚樹さんが書かれた原作本はベストセラーになり、周りでこの本を読む人も多かったので、原作のほうは良かったのかもしれません。

 

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 

 

 キャストの岡田准一さんは、「東京タワー」を黒木瞳さんと演じたころは素敵だと思ったのですが、今回はそう思いませんでした・・・。

 

 ちょっと書きにくいのですが、人はある程度の年齢になると、中身や生き様が外側に表れてくると思います。(自分も気を付けなければと思っていますが・・・(^^;))その表れているのが、自分の憧れるものではなかったのかもしれません。。

 

 井上真央さんは、女性のわたしから見ても可愛らしい女優さんだと思うのですが、この時代のこの役には合わなかったと思います。オープンで明るく、目も大きくどちらかというと洋の雰囲気の彼女より、和の雰囲気の、昭和っぽい感じの女優さんのほうが合ったのかなぁと。。

 

永遠の0 DVD通常版

 

 ストーリーも、矛盾を感じたりするところが多く、主人公の言動を理解させるためのエピソードが描ききれていないと思いました。

 

 一番違和感を感じたところは、主人公が教え子に、自分のことを思っている家族がいるのなら生還しろ、というようなことを言ったくだりです。

 

 家族がいるいないにかかわらず、人の命は大切だと思いますので・・・。

 

 向井理さんが主人公を演じたTVバージョンもあるようですが、観ていないです。またテレビ放送されるなど、機会があれば観てみたいと思います。

 

 

 follow us in feedly